スマホ老眼は治る?予防と対策と改善策を紹介しましょう。

スマホ老眼は、新しい国民病!?

スマホ老眼は、若者の間で広まっています。スマホ老眼の対策・予防・改善

体にも不調が現れ、その症状は深刻です。肩こりや頭痛、文字がぼやける、などの症状が出ている人が急増しており、新しい国民病となることが心配されています。

 

■スマホ老眼の現状とは?
スマホ老眼の対策・予防・改善現在ではスマホの普及率がどんどん急増し、新しい国民病として若者の「スマホ老眼」が問題視されています。総務省の統計では、平成26年には全年代で62.3%の利用率となり、従来の携帯電話を上回っています。中でも10代が78.6%、20代で95.0%に上っています。「老眼」と聞くと若い世代は関係ないと感じると思いますが、スマホの見すぎでスマホ老眼になっている人は増えているのです。今後も増え続けるという見込みから、若者のスマホ老眼は新しい国民病となることが懸念されています。パソコンの休憩時間、通勤途中、帰ったら寝る直前までスマホを見ている人が多いため、眼精疲労が蓄積し、若くても老眼のような状態になっています。

■夕方老眼と週末老眼とは?
スマホ老眼の対策・予防・改善スマホ老眼の症状は、遠くは見えても近くの文字がぼやける、少し離すと見える、薄暗いと見えにくい、夕方になるとピントが合いにくい、などがあります。日中酷使した目が、夕方になると筋肉疲労が蓄積することで見えにくくなる症状を「夕方老眼」と言います。朝と夕方では、ピント調節機能が8歳老化するとも言われています。その状態で1週間の疲れが溜まることにより、週末に症状が出ることを「週末老眼」と言います。

■老眼以外の症状も
スマホ老眼が注目される前から、ストレートネック、ドライアイ、肩こり、頭痛、睡眠障害など体の不調について問題視されてきました。スマホ老眼の対策・予防・改善子どもから30代という若い世代がこういった症状を訴えており、深刻です。体に悪影響を与えないようなスマホの使い方を心がける必要があります。スマホを使わないことが一番ですが、それは難しいという人が多いと思います。そういう場合は、スマホを見るとき40cm離す、目の周りを温める、毛様体筋を鍛えるなどで、予防することができます。毛様体筋の鍛え方は、目の前に人差し指を出し、ピントを合わせたら3秒数える、3m先のものにピントを合わせ、3秒数える、これを10回繰り返します。スマホ老眼は眼精疲労のため、ケアすれば改善できます。1時間使用したら10分休憩して、遠くの対象物を見るようにすると、目の筋肉が緩みリラックスします。スマホに集中しすぎるとあっという間に時間が経ってしまうので、意識して目を休ませることが必要です。

 

若くてもなるってホント!?スマホ老眼の症状と原因

スマホ老眼の対策・予防・改善

「老眼」とは、早い人で40代から症状が現れます。眼の水晶体という部分のピント調節機能が衰え、近くを見ると、ぼやけてしまいます。ところが、最近では20代でも老眼のような症状が出ることがあります。その名も「スマホ老眼」です。

■スマホ老眼の原因とは?
スマホやパソコンを長時間見すぎてピント調節機能が低下してしまうのが原因スマホ老眼の対策・予防・改善です。スマホはパソコンよりも目の近くで見るので、スマホを見すぎている人は、より症状が強く出ます。
現代のスマホは、SNS、ゲーム、スケジュール管理にメモなど、多様な使い方ができ、スマホなしでは一日も過ごせない人も多くなっています。スマホの画面を長時間、集中して見てしまうと、目の筋肉が疲れます。目の疲労が繰り返し起こることによって、ピント調節機能が低下してしまうのです。目の水晶体というレンズの機能を果たす部分は、近くを見る時ぶ厚くなり、遠くを見る時薄くなります。その調節をしているのが、毛様体筋という筋肉で、スマホはこの毛様体筋に負担をかけています。

■スマホ老眼の症状とは?
スマホ老眼の対策・予防・改善もし、スマホ老眼になってしまったら、どのような症状が出るのでしょうか?早期発見のためにも、知っておきましょう。
「遠くは見えるのに、近くはぼやける」「目の焦点が合いづらい」「目の疲れ、かすみ」「頭痛、肩こり」などがあります。よく、文字を目から離して見ている高齢の方がおられますね。あの状態が、「近くがぼやける」ということです。目のピントが合わなくなっているのです。もし、スマホを見る時「離すと見えやすい」としたら、スマホ老眼かもしれません。
スマホ老眼の対策・予防・改善「頭痛、肩こり」は、スマホ老眼のせいではなく、見えづらい近くのものを無理して見ようとし、その結果眼精疲労を起こしているのです。ひどいときには吐き気を催すこともあります。
いつも見ているスマホの位置を離したり、近づけたりしてみて、一時ピントが合わないのは多くの人が同じですが、スマホ老眼の場合、ぼやけたままになります。

また、夕方になると症状が強くなるのは、スマホの強い光によって、「虹彩筋」にも負担がかかっている可能性があります。「虹彩筋」とは、虹彩を調節して焦点を合わせる筋肉です。暗い場所では縮み、明るい場所では伸びます。瞳孔が大きくなったり小さくなったりするのが虹彩筋によるものです。スマホの光から目を守ろうとして、この筋肉が働きすぎてしまうのです。
このような場合は、スマホを見ている時間を短くして、目を休めるようにしましょう。

 

 

スマホ老眼とホントの老眼、なったら怖いのはどっち?

スマホ老眼の対策・予防・改善スマホを長時間にわたって見ることによって、目のかすみや焦点が合わないなどの症状が出ることを「スマホ老眼」と言います。最近ではこのような症状の若者が急増しており、注意が必要です。

■スマホ老眼とホントの老眼との違い
ホントの老眼とは、加齢による症状で、45歳くらいから自覚する人が増えていきます。眼の調節機能が衰え、ピントが合いにくくなります。水晶体が硬くなることで生じます。近視の人でもホントの老眼になります。近くのものが見えスマホ老眼の対策・予防・改善にくくなったら、眼科で検査を受け老眼鏡やコンタクトレンズを作ります。老眼鏡によって不自由さは軽減されますが、老眼が治ることはありません。
一方、スマホ老眼とは、スマホの画面を長時間見続けることによって起こるピント調節機能低下です。ホントの老眼とは違い、一時的な不具合なので100%治すことができます。
「治るか治らないか」が、2つの老眼の違いです。

■スマホ老眼の方が怖い!?
スマホ老眼の対策・予防・改善「スマホ老眼は治る」と聞いて、安心する方も多いと思います。ホントの老眼は老眼鏡などで矯正することができ、症状が進行し続けることはありません。ところが、スマホ老眼は治さないかぎり、症状が悪化していきます。頭痛や肩こり、全身の倦怠感が出てきます。さらにブルーライトによって、脳が昼間だと認識してしまいます。そうすると、睡眠障害になり慢性疲労、うつ病に発展する可能性もあるのです。進行しないホントの老眼と違って、措置を取らないと大変なことになるという点で、スマホ老眼の方が怖いかもしれません。
この症状を改善するには、長時間のスマホの使用をやめるということが必要です。スマホを全く使わない日を設けるのが一番ですが、難しい人が多いでしょう。まずは「ながらスマホ」を止めることから始めてください。電車に乗りながら、歩きながら、寝ながらスマホを使うのを止めます。これだけで、症状は改善されます。

スマホ老眼の対策・予防・改善

また、「テレビ老眼」「パソコン老眼」はないのに、「スマホ老眼」が現れる原因は、目とスマホの近さにあります。スマホを見るときは、パソコンくらい離すことを意識してください。40cmくらいが目安です。輝度を少し落とすのも効果があります。60%~70%に画面の明るさを調節しましょう。見えるか見えないかのギリギリの場所を目標物にして、1時間スマホを見たら3秒ほど目標物を見る、ということをするのも目の緊張を和らげるのに効果があります。
スマホを毎日3時間以上見ている、という方は、予防することを意識してください。

 

 

 スマホ老眼は、スマホ・ipodを持っている人は老眼予備軍です。


PAGE TOP